イベントを読み込み中
20
11月

シリーズⅥ 福岡ソルフェージュ・合唱セミナー 第1回

11月20日 @ 2:00 PM - 11月21日 @ 5:00 PM
  • このイベントは終了しました。

陣内 直先生による「福岡ソルフェージュ・合唱セミナー」 シリーズⅥ がいよいよ再開いたします。より美しく豊かな響きを求める合唱のための講座です。清潔なイントネーションでうたうこと、お互いの声部を聴き合うことの大切さ、ソルミゼーション(移動ド唱法)でうたうことの意義など、特にアカペラでうたう合唱にかかせない大切なポイントについて、コダーイのコンセプトを通してご指導頂きます。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

【日時】

2021年

11月20日(土)14:0017:00

11月21日(日)10:00〜17:00

 

今後の予定

第2回 2022年4月2日(土)・3日(日)

第3回以降、日程は未定

 

【定員】

25名

 

【対象】

合唱指導者・合唱経験者・コダーイシステムの音楽教育に関心をお持ちの方

 

【申込締切】

11月10日(水)

 

【会場】

福岡コダーイ芸術教育研究所 ホール

住所:福岡市中央区天神 4-7-18 永島ビル 4F

電話 :092-715-3155

 

【講師】

陣内 直

 

【内容】

●シリーズ Ⅵ を通して歌う作品

グレゴリオ聖歌    Ave Maria

G.P.da Palestrina:Ave Maria (女声4声のための)

J.S.Bach:Messe in hより Christe eleison

J.Brahms:Canon Nr.9 /Canon Nr.12

Bárdos Lajos:Tavunga「狩のうた」

福島雄次郎:「南島歌遊び」その1 版画より「朝の祈り」/「収穫」

 

●第1回の内容

アヴェ・マリアをグレゴリオ聖歌から理解し、パレストリーナがそれをどのように編曲して合唱にしたか、詳しくみる。

ルネサンスの合唱曲でいつも問題になる『隠れた臨時記号(Musica Ficta)』を、ソルミゼーションの問題として様々に試して歌ってみる。

歌う経験のなかで、時代様式にあっているもの、現代の我々が聴いて自然とおもうものの差に気付き、何を選ぶのかを一緒に考える。

J.S.バッハChriste eleison  バッハの音楽について、臨時記号をつかって、微妙な調性の変化を感じ取る。

移動ドの最大の武器、“読み替え” をどのように使うか、使う利点などを時間をかけて考えてみる。

 

【参加料】

二日間通し:一般10,000円、学生4,000円

一コマ:一般4,000円、学生1,500円

 

【主催】

福岡ソルフェージュ・合唱セミナー実行委員会

 

【問い合わせ先】

担当:逸見

電話:090-2583-1405

Mail:yumihemmigmail.com(☆を@に変えてください)

福岡ソルフェージュ・合唱セミナーチラシ

詳細
開始: 11月20日 @ 2:00 PM
終了: 11月21日 @ 5:00 PM
イベントカテゴリーセミナー