日本コダーイ協会とは

Home / 日本コダーイ協会とは

趣旨

日本コダーイ協会は、日本における音楽教育の実践及び研究を、ハンガリーの作曲家、民俗音楽学者、教育学者であったコダーイ・ゾルターンの理念に照らして推進させることを目的とする団体です。

会長挨拶

会長 中村隆夫

日本コダーイ協会(JKS)は国際コダーイ協会(International Kodály Society 略称:IKS)の日本支部です。
国際コダーイ協会は、ハンガリーが生んだ国際的な作曲家、音楽学者、そして音楽教育家であったコダーイ・ゾルターン(Kodály Zoltán 1882 – 1967)の偉業の継承と発展を目指して1975年に設立されました。現在では、世界の15ヶ国に支部があり、日本コダーイ協会もその支部の一つです。

日本コダーイ協会の会員は、保育士、幼稚園・小中高等学校や大学の教員、音楽教師、演奏家など、さまざまな専門や職業の人たちによって構成されています。また学生会員やグループ会員(音楽教育サークル、演奏団体など)も活動の一端を担っています。

ハンガリーの音楽教育は、初めはコダーイ・システムと呼ばれていました。それがやがてコダーイ・メソッド、コダーイ・コンセプトといわれるようになり、最近ではコダーイ・アプローチという呼び方もされるようになりました。
このように、社会の動きとともにコダーイの理念に対するとらえ方は変化しつつありますが、コダーイが目指した教育理念、自国のわらべうたからはじまり、音楽を“すべての人のもの”へという考え方は、音楽教育に携わる人たちの大きな指針となっています。

さて皆さんは、よりよい音楽教育のためにどのような目標と見通しをお持ちでしょうか。すぐれた教育法も、一人ではなかなかよい成果を得ることはできません。教え方に悩んでいる人、迷っている人同士が学び合い、教え合うことでより優れた教育法を獲得することができます。日本コダーイ協会はそのような人たちの背中を押し、音楽教育によってすべての人が豊かな人間性を身に着けることを目指して活動していきます。

活動

具体的には、
♪機関紙の発行(年2回)
♪種々の研修会を企画開催
♪IKSスカラーシップ(ハンガリーへの留学)の案内
などを行います。

役員 2017-7-16 改選

顧問 小山 章三
顧問 東川 清一
会長 中村 隆夫 北海道
副会長 稲木 真司 中部・北陸
副会長 神野 和美 九州・沖縄
事務局長 蔵田 友子 東京
事務局次長 谷口 伊都子 北関東
理事 陣内 直 北海道地区代表
理事 狗飼 圭子 東北地区代表
理事 新山 隆健 東北
理事 中村 修治 北関東地区代表
理事 尾見 敦子 北関東
理事 田中 厚子 東京地区代表
理事 横田 明弘 東京
理事 古橋 富士雄 南関東地区代表
理事 相京 香代子 南関東
理事 粕谷 雪子 中部・北陸地区代表
理事 楫野 加津子 中部・北陸
理事 飯島 元子 近畿・中国・四国地区代表
理事 中野 喜代枝 近畿・中国・四国地区
理事 逸見 由美 九州・沖縄地区代表
理事 小山 眞規子 九州・沖縄
諮問委員 臼木 恵二 北関東
諮問委員 山口 清三 南関東
諮問委員 知念 直美 中部・北陸
諮問委員 中村 明美 近畿・中国・四国地区
諮問委員 松本 節子 九州・沖縄
監事 中井 英美 近畿・中国・四国
監事 榎本 夕起 北関東

会員現況

(2017年 9月1日現在)

顧問 2 名
【会員数 212 名】
正会員 (国際96名、国内107名) 、学生会員(1名) 、グループ会員8名

会則