日本コダーイ協会とは

Home / 日本コダーイ協会とは

趣旨

日本コダーイ協会は、日本における音楽教育の実践及び研究を、ハンガリーの作曲家、民俗音楽学者、教育学者であったコダーイ・ゾルターンの理念に照らして推進させることを目的とする団体です。

会長挨拶

会長 神野和美

日本コダーイ協会(JKS)は国際コダーイ協会(International Kodály Society 略称:IKS)の日本支部です。

国際コダーイ協会は、ハンガリーが生んだ国際的な作曲家、音楽学者、そして音楽教育家であったコダーイ・ゾルターン(Kodály Zoltán 1882 – 1967)の偉業の継承と発展を目指して1975年に設立されました。現在では、世界の15ヶ国に支部があり、日本コダーイ協会もその支部の一つです。

日本コダーイ協会の会員は、保育士、幼稚園・小中高等学校や大学の教員、音楽教師、演奏家など、さまざまな専門や職業の人たちによって構成されています。また学生会員やグループ会員(音楽教育サークル、演奏団体など)も活動の一端を担っています。

コダーイの『音楽はすべての人のもの』という有名な言葉があります。これには、彼自身も自分の作った教育法を押し付けるのではなく、良いと思った教育方法はどんどん取り入れていこうという考えも含まれています。実際、現在コダーイアプローチとして認知されている教育方法の中にも、彼が考案したものではない特徴がいくつもあります。ただ、人から発信して人へ伝えるという大事なアプローチの部分(つまり哲学)はコダーイが導いてきたものです。そして、その音楽の力によって、どんな環境にある人にも茨の人生ではなく花に溢れた人生を歩める!という意味も込められていると思います。

生まれたばかりの子どもの成長を見ていると、絶え間なく全身で動き、目を動かしそして口を開き始める。まさにその過程こそわらべうたから世界へと始まる音楽教育の道筋です。そしてそれは人から人を通してという豊かな人間教育そのものだと思います。保育園から大学、子育て支援の場から音楽教室などと、幅広い会員の活動の場で教え学び合い、一人で悩まず手を取り合っていくことを目指し様々な活動をしています。是非、共に音楽に溢れた人生を送りましょう!

活動

具体的には、
♪全国大会(年1回)の開催
♪機関誌の発行
♪各種研修会の開催
♪IKSとの連携
などを行います。

役員 2020-9-25 改選

顧問 東川 清一
会長 神野 和美 九州・沖縄
副会長 古橋 富士雄 南関東
副会長 楫野 加津子 中部・北陸
事務局長 小山 眞規子 九州・沖縄
理事 南 葉子 北海道・東北
理事 新山 隆健 北海道・東北
理事 大島 俊樹 北関東
理事 中村 修治 北関東
理事 藤山 和可 東京
理事 横田 明弘 東京
理事 菅原 恵利 南関東
理事 古橋 富士雄 南関東
理事 三輪 眞理 北陸・中部
理事 楫野 加津子 北陸・中部
理事 清流 祐昭 西日本
理事 中野 貴代枝 西日本
理事 菊村 隆史 九州・沖縄
理事 小山 眞規子 九州・沖縄
諮問委員 粕谷 雪子 中部・北陸
諮問委員 蔵田 友子 東京
諮問委員 知念 直美 中部・北陸
諮問委員 中村 明美 西日本
諮問委員 中村 隆夫 北海道・東北
諮問委員 松本 節子 九州・沖縄
監事 中井 英美 西日本
監事 榎本 夕起 北関東

会員現況

(2020年 11月8日現在)

顧問 1 名
【会員数 244名】
正会員 (国内116名、国際117名) 、学生会員(国内1名、国際0名) 、グループ会員9団体

会則